機械設計の基礎のき-図面は要らない子?

機械設計

それでは機械設計についてツラツラと語りたいと思います。

まさか自分がそんなこと語れるようになるとは学生の頃は思っても見なかったですね~^_^;

まったく機械の製造に関わったことのない人からすると、完全未知の世界なのが機械設計です。

そんな世界を覗いてみたいと思ってくれた人に向けて、できるだけ分かりやすくイロイロ書いていきたいと思います。

今回は、機械設計の基本的なところである設計や図面とはそもそも何か?について語っていきます。

 

【機械設計の基礎中の基礎】設計ってどんなこと?

機械設計やってます!

そう私が言った時の人の反応は

  • へぇそう(興味無し)
  • わー難しそう、自分は出来ないや

の2種類にだいたいわかれます。

 

興味がないのは仕方がないので私もそれ以上、話は広げません。

難しそうという人に何が難しそうだと思うのかを聞いてみると

図面を書くんでしょ?なんか頭良くないと書けなさそう
機械作るなんて想像もできないよ

こんな感じの言葉で返ってきます。

 

んーでもホントに機械設計って難しいものなんでしょうか?

やったことがない人の方が多いので難しく感じるのかもしれませんが、実際に機械設計をやっている私にとっては

設計ってパズルだよね

って感覚です。

 

迷路や知恵の輪ならやった人も多いんじゃないでしょうか?

基本的にはそんなパズルと機械設計は一緒です。

スタートとゴールが決まっていて、そこが繋がるようにするにはどうしたら良いかを考える

これが機械設計の基本です。

ほら、ちょっと簡単そうに思えませんでしたか?

迷路や知恵の輪を一度もクリアしたことがない人なら、機械設計は難しいと思いますが、まあいないんじゃないでしょうか?

 

機械設計においてよくあるスタートとゴールは

何もない場所で(スタート)
完成品を仕上げる仕組みを作る(ゴール)

です。

このゴールが仕様変更や価格調整によって変わることがあるのは、確かに厄介なのですが(笑)

 

スタートとゴールを繋げる手段は、通常何通りもあります。

どの手段を使うのかを決めるのが設計という作業です。

なので、

「全部人の手でやるぞ!」

という考えも設計と言えなくはないのです。人の手という手段を選んでいるのですから。

とはいえ、もしホントにそんな考えをもつ機械設計者がいたら、普通に仕事がなくなると思いますが(笑)

 

【機械設計の基礎中の基礎】じゃあ図面って何?

設計はパズルを解くのと基本は同じだと言いました。

それでは機械設計に付きものの図面とはなんでしょう。

 

紙の上にたくさんの線とよくわからない文字や数字が書き込んであるイメージでしょうか?

間違ってはいません。が、ちょっと考え方を変えてみて下さい。

図面があるということは、その図面に描かれたものの実物を作れる状態だということです。

 

材料の話とかは一旦置いておいて、例えばあなたが粘土で球体を作って下さいと言われたとしましょう。

あなたが作るべき粘土玉は手のひらサイズかもしれないし、身長ほどのサイズかもしれません。このサイズがわからないという原因は図面がないからです。

図面とは設計者の意図を他の人にわかってもらうための方法です。
粘土玉を作るだけなら、「直径10mmにして」と言葉で伝えるだけでも済みますが、もう少し凝った形状のものを作ろうとすると紙などにわかるように描いた方が伝わりやすいんです。その紙などの媒体を図面と呼んでいるだけですね。

 

ですから設計者の語彙力・表現力が高くて、作業者の理解力が高ければ、極論図面は必要ありません。
世の中にある物体を全て言語だけで説明しきれる設計者がいるとは思えませんけどね。

【まとめ】機械設計における設計と図面とは

設計とは手段を決めること
図面とは意図を伝えるもの
ザックリとした機械設計についての考えをご紹介しましたがいかがでしょうか?
こんな話に需要があればいいのですが、書いてて私が楽しかったのでまだまだ続けるつもりです。
お付き合いいただければ嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました