【クラウドソーシング13-2】お絵描きしてみた~畑違いに目をやってみる

100の仕事をやってみよう!

そもそもパソコンの性能などの問題で、しばらくはライティングの仕事だけをうけるつもりだったのですが、仕事がないのではそうも言ってられません。

ライティング以外の仕事について目を通してみると、こんな仕事が見つかったというお話です。

 

ピクセルアートとはなんぞや

見つけたコンペのお仕事はこんな内容でした。

  • ピクセルアートのデザインを募集
  • WEBサイトなどに使用する横500px × 縦500pxの画像
  • 報酬は1,500円※採用確約あり
  • クライアントはM氏
  • いくつでも応募可

そう、こちら絵を納品するコンペです。

絵心がないのでお絵描きはあまりやるつもりはなかったんですが、たまには気分転換に受けてみても良いかなという軽い気持ちで選んでみました。

 

そしてこれまでのお仕事とは畑違いすぎて、いろいろわからない言葉があります。

ピクセルアートってなんぞや?

はじめてライティングに携わるようになったときと同じような状態になりました。

とりあえず調べてみると、つまりはドット絵のことですね。

ざっくりと書いてみましたが、こんな感じでドットで表現される絵がピクセルアートと呼ばれているようです。

 

うん、この絵はテキトーに書いたオリジナル絵ですよ?

ただ小動物ですから、何かのキャラを書いたわけじゃありませんのであしからず^^v

 

今回のお仕事ではクスッと笑えるものという内容の指定があったので、上の絵は提出したものではありません。

 

これなら私でもできるんじゃ?

すでに応募されている作品を見ると、確かにドット絵で納品されているものもあるのですが、あまりドットが意識されていないイラストもありました。

この仕事のために何か新しいソフトをインストールするつもりはなかったのですが、一つひらめいたことがあります。

これ、ペイントで書けるんじゃないかな?

Windowsなら標準搭載されているペイントというソフトは、単純な割にできることが多くて本業の方でもよくお世話になっています。

ソフト内でピクセル数の設定もできますし、M氏の募集文にも

それほど高額な報酬ではないので、しっかり作りこまなくても結構です。

とあるので一度チャレンジしてみることにしました。

 

下手の横好きで絵を書くこと自体は嫌いではないので、ついつい3作品も応募してしまいました。

やっぱり普段と違う作業は頭の切り替えになってよいですね。

 

こちらはコンペなのでさくっと納品は以上で完了です。

 

次回に続く

コンペではありますが、はじめて絵を仕事で書きました。

自分の絵のセンスのなさに改めて驚きましたね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました