【クラウドソーシング6】初のタスクにチャレンジ!~まさに片手間

100の仕事をやってみよう!

それでは6つめのお仕事のお話です。

今回は題名に枝番(6-〇)がつきません。つまりそれだけすぐに終わったお仕事だということです。

 

お仕事の種類について

唐突ですが仕事の話に入る前に、クラウドワークスの説明を少し入れておきたいと思います。

 

クラウドワークスで仕事を探すと、このような3種類の仕事に分けられています。

  • 固定報酬制
  • タスク制
  • コンペ制

ここまでの受けてきたお仕事はすべて、一番目の固定報酬制のお仕事です。

固定報酬制は誰もが想像する「お仕事」に対してのイメージに一番近い形だと思います。

 

それぞれざっくりとこんな感じです。

固定報酬制:ワーカーが成果物を納品して、クライアントが確認したら対価が支払われるお仕事
タスク制:複数人のワーカーをクライアントが募集し、1時間程度でできる簡単な成果物を数多く集めることを目的にしたお仕事
コンペ制:クライアントが提示したお題について、ワーカーが提案を行いクライアントが選んだ提案をしたワーカーにのみ報酬が支払われるお仕事

 

報酬額としては

コンペ<タスク<固定報酬

なイメージですが、コンペはクライアントのお眼鏡にかなえば簡単に固定報酬の対価を超えることもできる夢のあるお仕事です。

 

ただしコンペのお仕事についてはまた別枠をとってお話します。

今回はタスクのお仕事を受けたお話です。

 

タスクの仕事を受けてみたい

クラウドワークスを始めた時点から、一度は全ての形態の仕事を受けてみるつもりだったナイカです。

5つ目のお仕事の真っ最中ではあったので、固定報酬制の仕事を受けるのは負担が大きいと考えてこの機会に他の仕事をやってみることにしました。

 

お仕事を漁っていくと、大量にタスクのお仕事を出しているクライアントさんを発見しました。いろんなお題のお仕事があったので、書けそうなお題を選んでやってみることにします。

  • 条件は500文字以上
  • 1件あたり19円
  • 日常の小さな悩みについての記事

これにしよう!と決めたころには完全に夜になっていました。

お題を選り好みしているうちに、思ったよりも時間が過ぎてしまっていたようです。

 

明日も会社があります。

ちょうど日曜日だったので、もうお風呂のお湯も張ってあります。PCの前に座っていると、湯船でゆっくりする暇がありません。

 

でもこれだったらお風呂入りながらできるんじゃね?

ということで入りながら書いてみました(笑)

案外書けるもんですね。

 

でも思ったよりもスイスイと書けてしまったので、文字数が1000文字以上になってしまいました。

今回の仕事の条件に文字の上限は書いてなかったのですが、入力フォーマットが1000文字までしか入らなかったので、文字を減らすのに苦労しましたね。

 

お風呂に入りながら仕事ができるなんて、会社の仕事ではありえないので面白い感覚でした。

 

さくっと納品し、2日後に報酬振り込みの連絡がさくっと入りました。

 

何かの合間にやるには気分転換に良いですが、タスクのお仕事で稼ぐのは向いていないでしょうね。

 

【さいごに】六つ目の仕事完了

さくさくっと終わったお仕事でした。作業量も少ないですが学びも少ないので、本当にこれからも気分転換ぐらいでしかタスク仕事は受けないだろうなと思いました。

この時は、ですが。

ま、何事も経験ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました