【クラウドソーシング5-2】WEB記事20本挑戦!(前編)~知識って楽しい!

100の仕事をやってみよう!

初めて触るツールにワクワクなナイカが引き続きお仕事の手順を進めるお話です。

新しいツールって駄目ですね。本気で時間泥棒ですT_T

どんな使い方ができるか、試し始めて熱中すると楽しくてキリがないです(笑)。

 

テストライティングの記事を作成する

ひとしきり新しいツールで遊んでいったん気が済んだので、次の手順に進みます。

ふむ、なになに。次は別のスプレッドシートに書いてあるマニュアルを読む、か。

またしても知識がもらえるようです。

 

指示通りにチャットワークのグループの概要欄に貼られていた、スプレットシートのリンクを開きます。

そこにはWEB記事を書くための基礎的な考え方や、ワードプレスの使い方や、実際の仕事の具体的な進め方などが、テキストや動画で載せられていました。

ほおおおおお! こんなにお金払わないで見ていいの!?

動画だけで10本以上あります。結構なボリュームですね。

知識を貪るのが楽しくなってきました。

 

チャットワークのグループ内の人で共有しているスプレッドシートなので、更新をすると「○○さんが1日前に更新」とか表示されています。

グーグルアカウント名を知られたくない人は、変えておいたほうがいいでしょうね。

 

このスプレッドシートでは冒頭に、

仕事の流れが書いてある部分を一度流して読んでください。
それ以外の場所は記事を書きながら、読み進めていってください。
こちらの資料ばかりを見ているだけでは、いつまで経っても仕事が進まないので(笑)

と説明がありました。

 

素直に流れだけをざっくりと読むと、次にやるべきことは

ワードプレスの編集画面で、テストライティングで書いた記事をコピペして貼り付けてね

とのことでした。

 

なるほど、テストライティングで書いた記事をサイトに載せる作業もやらせようってことか!

ここまでT氏にはいろんな作業をやってもらうことになるとは聞かされていましたが、ようやくどういう意味か理解できたのはここででしたね。

望むところです。

自分の書いた文章を、自分の好きな編集をして、ネット上に載せる経験を完全フォロー付きでできるということですね。

 

スプレッドシートの読んでいないところはまたの楽しみにして、とりあえずその作業を進めることにしました。

 

アイキャッチの意味を理解する

ワードの内容をコピペするだけなら簡単です。

けれどコピペしたあとに、WEB記事としての体裁を整えるために、見出しや文字の強調を行う必要があります。

ワードプレスでの作業難易度としては、ワードの操作に慣れているなら難しいことではないと感じました。

 

けれどその作業の中でテストライティングでは理解しきれなかった箇所を納得したので、ピックアップして書いておこうと思います。

 

それがアイキャッチ画像です。

 

テストライティング時はワードで提出しましたが、その際の指示にこんなものがありました。

 

アイキャッチ画像を載せること
アイキャッチ画像ってなに? 目立つ画像ってこと?

 

ワードプレスの使い方の資料を読んで、ようやくコレを理解しました。

アイキャッチ画像=サムネイルのことですね。

 

テストライティング時はよくわからなかったので、ワードの冒頭にデカデカと無料の写真素材を貼り付けていました。

そこまで間違いではなかったみたいですが、単に記事内に画像を貼り付けることとアイキャッチ画像を設定するのとでは大きな違いがありました。

  • 記事内での画像の場所が固定されている
  • 別ページからのリンクにサムネイルとして表示される

記事内での画像の場所が固定されている、ということについてですが、基本的には記事の最初に表示されるようになっています。

ここらへんは設定ができるんでしょうが、プログラム言語をいじってまで変える必要性はないと思うので、だいたいのWEB記事にも共通しています。

このページでも一番最初に表示されていますね。

 

ちなみにアイキャッチ画像を設定していないとこうなります。

 

 

 

あとサムネイル表示ですがアイキャッチ画像を設定していると

設定していないと

といった感じです。

 

確かにこれは設定していたほうがわかりやすいですね。

 

 

次回に続く

本格的に仕事をしているというよりも、まだ知識を吸収している段階です。
20記事は確かに道のりとしては長いけど、超初心者にはこういった仕事は私はありだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました