【クラウドソーシング22-5】構成+ライティングのテスト~どこでもできるって大事

構成・ライティング22-5 100の仕事をやってみよう!

3日目の必死さが伝わるでしょうか。

パソコンでの作業に限らない

スケジュール調整に苦労しながらも、3日目は今日が納期なのでは、細かいことはいってられません。

パソコンを使わないとライティングはしにくい~

なんて贅沢はいってられません

布団の中でも。電車の待ち時間も、朝礼の直前も、休憩時間も、本業の合間を縫ってライティングするためにスマホでの作業を進めます。

昼休みなんて鬼気迫る感じで、文章を打ち込んでいました。

 

最終確認はパソコンで行いますが、入稿前の下書き原稿であれば作業スピードは落ちますがスマホでもできます。

もちろんお風呂でもやりました(笑)

この副業を始めてから、湯船につかっている時間はなんとなく副業タイムになっています。

 

でもスマホだと文字数がどうしてもパソコンよりも増えないんですよね。

私は考える速度と同じ速度でパソコンは打ち込めますが、スマホはちょっと遅いです。

あのフリック入力が、パソコンほどはどうしても早くできないんですよね。

 

ここらへんは人による好みだと思いますが、もう二十年以上ブラインドタッチに慣れている身としては、この比重は変わらないだろうなと思っています。

 

構成は思えば楽だった

どうしても文字数が必要なライティングと比べると、構成だけを考える前段階はとても楽でしたね。

どこでも作業ができるという点にだけ重点を置くと、私にとってはライティングよりも構成のほうがやりやすいようです。

ライティングは、どうしてもスマホでの打ち込み速度にイライラしちゃいます。

 

構成は調査が主で、言い回しなどもそこまで深く計算しなくても良いというのも大きいでしょうね。

ライティングで書いた文章は、私は少なくとも3回以上見直しをかけます。

 

ですが構成は作っても見出し程度の長さの文章ですし、細かいところは提出後のライティング時にも修正できるので、全体の流れさえつかめれば問題ありません。

なので文章自体の見直しに、そこまで時間がかからないんですね。

 

もちろん流れがおかしくないか、主張が魅力的な内容かなどライティングよりも気にするところは別方向にありますが、それでも副業として受けるのであれば場所を選ばない構成作業の方が、私には向いているようです。

前回の仕事では、この構成作業がなかったので物足りなさを感じたんですよね。

記事の骨格となるところなので、構成のほうがやはり面白いです。

 

ただライティングも好きですから、時間も場所もあるなかでやるならどっちと言われると、今のところはどちらもやりたい!になりますね。

悩ましいところです。

 

そんなことを実感しながら、必死に文章を打ち込んで納品期限の1時間前に入稿を終わらせたのでした。

 

次回に続く

いやぁ、必死でしたね。

間に合ってよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました