【クラウドソーシング21-3】スカウトされてみた~短くても構成が決まってる

スカウト21-3 100の仕事をやってみよう!

とても長いマニュアルをなんとか読みこなしました。

今回はこちらのお仕事のマニュアルを読んでて思ったことです。

 

構成が決まっているのか

マニュアルを読んで、

そうなの!?

と驚いたことの一つは構成が決まっていたことでした。

 

指定文字数800文字ですから、テーマとなるキーワードを軽く調べれば、構成を組まなくても書ける自信はありました。

けれど構成が決まっているのであれば、文字数を書きすぎる傾向がある私にとっては、800文字は少なすぎます。

文字単価一円と考えると悪くない報酬なのですが、1000文字にすらおさえる自信はありません。

ちょっと私にとっては効率悪いルールかも?
実際の構成はこんな感じの指示でした。
1章 ○○とは 200文字以上
2章 ○○でできること 200文字以上
3章 ○○の選び方 400文字以上

1章と2章だけで、簡単に800文字書けます(笑)
このブログもほぼ2章構成で、毎回1000文字は越えてますからね。

3章を語りすぎる予感しかしませんでした。

 

キーワードがすごい量あるけど、安いキーワードもあるのか

今回のお仕事は記事のテーマとなる指定キーワードを、共有スプレッドシートの一覧から自分で選ぶスタイルでした。

そのキーワードによって報酬はかわるようです。

工具や材料については800円の報酬ですが、成分や化学物質に関しては400円と安い設定になってました。

 

この仕事のメリットである題材が私のホームであることを活かすのであれば、金属系の材料や金属加工に使う工具が良かったので安いほうは選ばなかったです。

一覧に残っているキーワードも、報酬が高いキーワードから順番に埋められていっている雰囲気でした。

 

ただ安いということは、書く手間が少ないということなのでしょうか?

調査はしなかったので、作業時間の具体的な違いはわかりません。

構成指示も微妙ではありますが違いがありました。

 

でも文字数は同じでしたので、単にクライアント側のニーズの強さの違いかもしれませんね。

 

それにしてもマニュアルを読破してから思ったことなのですが、

そんなに報酬がはっきり決まってるなら、見積交渉の余地ってないんじゃ?

納期の条件を飲んでもらえたので、報酬については相手の提案のままを飲んだのですが、そんな気がしました。

 

経験のため一回ぐらいは、報酬アップの交渉をやってみても良かったかもしれませんね。

 

次回に続く

いろんな仕事の募集の仕方があって面白いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました