【クラウドソーシング21-2】スカウトされてみた~スケジューリング大事

スカウト21-2 100の仕事をやってみよう!

前回お話したとおり、こちらの仕事を受けるほうに気持ちは傾いていました。

忙しい中でも受ける?

けれどこの仕事を受けるかどうかの判断が難しいところでした。

本業も常に忙しいのはもちろん、すでに継続して受けている仕事もある上、テストライティングも1つ受けているタイミングでした。

1人で仕事の段取りを決めるのが、クラウドソーシングで必要となるスキルの1つであり、面白いところです。

だからこそ段取りがうまくできなくても自己責任。誰のせいでもなく、自分の決断の甘さです。

人間ですから突発的な理由で納期が守れないことはあるでしょうが、その甘さでクライアントに迷惑をかけることだけはしたくありません。

 

なので正直、この頃の多忙さから受けるのは迷っていました。

 

少なくともテストライティングの締め切りが、スカウトされてから三日後に近づいていたので、そのままの条件では受けられません。

今日から四日後からなら、トライアルを開始させていただくことができます。六日目を納期に設定いただけますか?

散々迷った挙げ句、完全にスルーしまうのは惜しい仕事だったので、そんなメッセージを送ってみました。

 

するとこちらの提案に、完全に沿った形での納期を提案いただけました。

言ってみるもんです。

向こうから声をかけてもらった上、納期にも融通を効かせてもらえたのだから、このトライアルを受けてみることにしました。

 

さっそく後悔した件

仕事を受ける旨のメッセージを送り、A氏から送られてきた資料に目を通しました。

実際に作業はしないとはいえ、何か疑問があれば、先に質問をしておけるからです。

 

基本的に私は、仕事のためにもらった資料は、軽くであっても必ず一度は早い段階で目を通します

一手間ではありますが、これをやるかやらないかで、仕事の質が大きく変わると思っています。

 

資料の1つであるマニュアルに目を通して、一言感想。

読みにく!

 

マニュアルの文章量もすさまじく多かったこともありますが、簡潔にまとまっていないのでどこに読みたい内容があるのかわかりづらい代物でした。

完全に理解するのは取りかかってからにするとして、とりあえず別件のテストライティングを優先しました。

テストライティング中は、一旦このトライアルの話は置いておくことにしました。切り替えないと全然違う話なので混ざってしまいますからね。

ですが3日後に、このトライアルに改めてかかろうとしたときは、最初に読んだときの内容の記憶はほとんど消えていました。

またあの読みづらいマニュアルを頭から全部読むのか。

少しゲンナリしてしまったのは仕方がないと思います。

 

次回に続く

マニュアルがある仕事は多いですが、その完成度はピンキリです。

読みづらいのは、やっぱりしんどいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました