【クラウドソーシング20-1】添削してみた!ver2~添削対象者の人たち1

100の仕事をやってみよう!

そういうわけでこちらのお仕事に戻ってきました!

今回は軽く添削対象者の人たちについて、最初の記事を添削したころの印象をお話ししていきたいと思います。

 

サッチャンさんは頭がよさそうな人

一人目の紹介はサッチャンさんです。

初回の記事ははじめて私が添削した相手なので、少し丁寧に添削しすぎたかなと思っています。

いろいろ反省点もある添削だったのですが、指摘点はスムーズに理解して対応してもらえる安定感のある人です。

 

マニュアルもきちんと読んでくれているようで、基礎的なところの添削が終わったら、あとは数をこなすことでライティングスキルを上げられる人だと思います。

こういった方は対応してて、とても気楽ですね。

 

オススメのYoutuberを紹介するなど、読み手にいろんな情報を渡したいという意欲にあふれた記事を書かれます。

この意欲が記事を書く上ではとても大事なので、これからも面白い記事を書いてくれそうだと思いました。

 

ただ記事制作のペースはかなり遅いです。

妊婦さんとのことでつわりがきついようだから、数か月は遅いペースが続くのでしょう。

ご自分のペースで進めてくださいね、というお話をしていました。

 

キャジさんはパソコンが苦手そうな人

二人目はキャジさんです。

チャットワーク内では明るい雰囲気のメッセージで、こちらへも気遣いしてくれる優しい人です。

 

パソコンの操作に慣れていないようで、写真の無料ダウンロードがうまくできなかったみたいです。

パソコンの質問が何回かありましたね。

あまりパソコンを使う機会がなかったのに、どうしてライティングスキルを上げたいと思ったのか。その経緯が気になっています。

 

記事の文面はすごく個性的な文章を書く人ですね。

他の人に真似されにくい文章を書けるというのは、一つの才能だと思います。

ただラインの文章のように書かれるので、句読点などの細かい使い方が日本語として正しくないのは気になるけれどゆっくり直してもらえればよいでしょう。

 

また自身の体験談が主な内容の記事が初回記事だったので、自分に関係のないテーマでも書いていけるかが試されるところだと思います。

 

あとキャジさんも少し記事の作成は遅いですね。

1週間かかって添削を一回対応するぐらいのテンポなので、こちらが何を指摘したのか忘れそうになります(笑)

 

次回に続く

2人比べただけで明らかに違う記事なんですよね。読んでいて面白いです。

他にもいる添削対象者についてを次回続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました