【クラウドソーシング19】隠された提案たち

100の仕事をやってみよう!

こちらはコンペ仕事でした。

少し変わったオプションをクライアントさんが使っていたのでご紹介です。

ブランド名を考えるお仕事だったので、いつもどおり条件に合った提案をいくつか行いました。

 

期間延長オプション

まずこのお仕事は採用決定の連絡がなかなかきませんでした。

この仕事以外にもコンペは受けていたので気づいていなかったのですが、クラウドワークスの自分のマイページにはこれまで受けた仕事の状態が一覧で表示されます。

その状態がこちらのお仕事は期間延長となっていたんです。

 

実はこのオプション自体は珍しくはありません。

 

通常であればコンペは最大14日間の募集期間内で提案を募ります。

これを延ばすことで、もっと提案をたくさんもらいたいという時に使います。

 

このオプションを使用するには、クライアントがオプション代金6,600円を支払う必要があります。使用することができるのは1回だけですが、提案数は募集期限が近付けば増えると言われているので効率よく提案を求めるならの選択肢なのだと思います。

 

そしてワーカー目線で見ると、このオプションはどうやら報酬額が上がるみたいです。

+ 3,000円 (期間延長オプションの追加報酬)

という表示がお仕事の募集ページに増えていました。

この期間延長オプションを使っていても、採用作品が決まらずに分配金になることもありますが、クライアント側が多少お金が多く出ていってでももっと提案してほしい!と思っているのが透けて見えるオプションですね。

 

非公開オプション

少し変わったオプションというのはこちらのオプションのことです。

お仕事の募集ページにはこんな文言が載ります。

このコンペは非公開で行われているため、提案の内容は公開されません。(採用作品1点)

本気で選びにきているなと感じますね、このオプションは。

今回のクライアントさんのマイページを見に行くと、採用作品を非公開にする方法を質問している履歴が残っていました。

選んだブランド名が何かや、何を提案されたかまで見せたくないクライアントさんなのでしょう。

 

そもそもコンペ仕事では、クライアント側は何も設定していなければ提案内容は公開されています。

そこをオプションをつけて見せないようにすることができます。

 

提案内容を公開しない方法は2つあります。

  • 閲覧制限
  • 会員限定公開(+提案非公開)オプション 8,000円(税込 8,800円)

 

閲覧制限はただの設定ですので、無料です。

ただし募集期間中のみ非公開とすることができますが、募集期間終了後は一般公開されてしまいます。

 

会員限定公開(+提案非公開)オプションは有料で、クライアントはオプション料金8,800円を払わなくてはいけません。

ただしこのオプションを使うことで提案内容を、募集期間にかかわらずずっと非公開にできます。

つまり採用された作品がどれかも、クライアント以外にはわからなくなっています。

 

このオプションを使っているコンペは初めて見ました

確かにブランド名の公募なんて、同業者から調べられたら勝手に公開されている名前を使われてクライアントさんの払い損になるかもしれませんしね。

そこがイヤならこのオプションは魅力的なのでしょう。

 

【さいごに】十九個目の仕事完了

いろんなコンペに応募していますが、やはりオプションがついているコンペは少ないです。

報酬が上がってしまうことを許容するかどうかは、クライアントさん次第なんでしょうね。

また面白そうなコンペがあったら記事にしたいと思います。

あ、ちなみにこのコンペでは私の作品は採用されなかったので報酬は0円です(泣)

コメント

タイトルとURLをコピーしました