【クラウドソーシング18-2】こだわりアイテムを語る~応募前に見るべきだったか

100の仕事をやってみよう!

お仕事に応募してから、実際にお仕事を始める前にとても不安になったお話もいれておこうと思います。

 

クライアントに不安

画像選定が要らないという条件なのに必要だったことや、テストライティングについて応募ページに書いていなかったことなど、応募してから不足が目立ったお仕事です。

とりあえず受けることには決めたものの、なんとなくしっくりこないくてクラウドワークス上でいろいろ調べてみました。

 

するとクライアントにつく評価に星5つの評価以外に、星1つの評価が2つついていました。

よっぽど仕事で問題がなければ、星評価なんてお互いのために5つにすると思うのですが、星1つの評価ということはよっぽどの問題があったのでしょう。

ここらへんを見ずに応募したので、この情報を見つけたときはとてもクライアントであるI氏へ不安を持ちました。

 

評価を調べてみると

星1つ評価をつけたワーカーさんは、こんなコメントも残していました。

  • 今なら40万のセミナーを8万で受けられると勧誘された
  • テスト後のお話は気分が悪かったです
え、そんなクライアントなの?

 

ちょっと応募辞退したくなりましたね。

おそらく同じことがこのワーカーさんたちには起きたんだと思います。

セミナーへの勧誘は本来、クラウドワークスではお仕事と関係がなければしてはいけないはずなのですが、この二人にはそれが起こったんでしょう。

もしかするとセミナーに参加することで、ライティングスキルがアップすれば採用するみたいな話かもしれません。

 

その2人のワーカーさんのマイページを見に行くと、I氏がつけた評価が残っていたのですがどちらも星1つでした。

 

悪質なクライアントさんに引っかかって評価を落とされたワーカーさんの話はよく聞きます。

セミナーを受けなければ低評価つけられることもあるかもしれません。

うわー、納品した後のメッセージのやり取り気をつけたほうがいいかも。

心構えをしながらちょっと怖かったです。

 

高評価をつけているワーカーさんのほうが圧倒的に多いのですが、コメントがついているのは低評価の分だけなので目立ちますね。

 

いつもクライアントさんの情報は本人確認があるか、評価がそれなりについているか程度しか見ないので、ワーカーさんからのコメント詳細まで見たのは初めてでした。

もう応募したあとだったので、今後は仕事選びのときはクライアントの評価ももうちょっと調べようと思いました。

 

次回に続く

不安ではありますが、仕事自体はしっかりやります。

一部の悪い評価がネット上ではまるで事実のように扱われることも知っていますし、あとは自分の対応次第ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました