【クラウドソーシング17-3】添削してみた!ver1~今回のサイトは

100の仕事をやってみよう!

それではT氏がライターさんを探してくれている間に、準備されたサイトを見にいってみましょう。

前回とは違う点もチラホラ

基本的なサイトの構成は変わっていないようです。

プライバシーポリシーなんかも特に進化はありません。

 

少し驚いたのが、公開済みの記事が1つしかないことです。

前回私が20記事を書いたとき、サイトにはすでに記事が10記事以上公開されている状態でした。

 

T氏はこの仕事の説明の時に

新たに立ち上げるサイトをお願いしたいと思っています。

と言っていましたけど、本当に立ち上げたばかりのようです。

私が見たときにはまだ最初のデフォルトページも残っていました。

 

これは…添削の仕方に気をつけないと。

これには少し困りましたね。

 

参考記事が一つしかないのでは、これからくるライターさんに

この記事みたいにしましょう

という指示ができなさそうです。

 

それに私が20記事書いたときは、まずサイトの記事を全部読みました。

T氏がサイトに載せたい記事のイメージをつかむためです。

 

このイメージって言葉で表現するのはすごく難しいんですよね。

記事数が増えるまでは苦戦しそうだと思いました。

 

何も外部リンクが貼っていないサイトですが、記事が増えてきたら前回のサイトのようにアフィリエイトリンクが貼られだすんだろうなと思っています。

アフィリエイトリンクが貼られるようになるのが、この仕事の最初の目標ですね。

記事が一つしかないサイトでは申請が通らないでしょうからね。

 

ライターさんとT氏のWINWIN関係が成り立つように工夫していきたいと思います。

 

たぶんチャットワークのプロフィールを読んでテーマを決めている

今回と前回のサイトで一番大きな違いはサイトのテーマでしょう。

今回は「ゆとりをもつためにおすすめの時短方法」というテーマについてのサイトになっていました。

前回が「子育てママ」についてのサイトだったので、ガラッとジャンルが変わりましたね。

 

どんなテーマでもある程度の記事を書ける自信はあるので、添削すること自体には問題はありません。

 

ただどうしてT氏がこのテーマにしたかは、ちょっと分かった気がします。

 

私のチャットワークのプロフィールにはこんな文章を載せています。

30代女性で平日は残業していることが多いです。

たぶんここから時短方法に結びつけたんじゃないかなと思っています。

 

ナチさんのプロフィールは

ちっちゃな子どもに日々四苦八苦しながら頑張っています!

といった内容でしたからね。

ズバリ「子育てママ」そのものです。

 

添削の目がサイトの読み手に近いものであれば、どんなライターさんが書こうがサイトの大筋からは外れなさそうですもんね。

これは良い方法だと思いました。

 

ちなみにチャットワークの使い方について、最初の方に「プロフィールを書いてくださいね」とT氏が言っていたのですがこれの前準備ですね、きっと。

 

次回に続く

それでは次回から実際に添削を始めたときのお話に入ります。

知ってはいましたが人にものを教えるって大変ですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました