【クラウドソーシング1-1】ネジについて熱く語るお仕事~に辿り着くまで

100の仕事をやってみよう!

それでは記念すべきクラウドソーシング初のお仕事についてです。

記事数が増えてきたら仕事が始まる前の細かいところは省いて書くつもりだけと、とりあえず今回は応募するところから書いていきます。

 

クラウドワークスでお仕事探しに辿り着くまで

何もかも初なので、何をして良いやら良くわからずとりあえずパソコンで登録したマイページをポチポチ漁ってみることから始めてみました。

すると出るわ出るわ、知らない単語が。

Chatworkってなに?
ライティングってつまり何?
タスクとかコンペって…

 

もはや頭から煙がプスンプスンとあがる感じです^^;

ここまでお世話になったグーグル先生のお答えもいまいち理解ができませぬ…

あかん、わからんもんはわからん!

グーグル先生とともに奮闘すること一時間、

とりあえずプロフィールだけ最低限失礼にならん程度に取り繕えば、あとは追い追いでいいでしょっ!!

そんな感じでマイページを全て理解するのは早々に諦めました(笑)

今ではなんとなく理解はできてます。機会を見て必要ならちょくちょく解説いれていきますね。

 

開き直ってとりあえずプロフィールを弄ることにしました。

そのためには他のワーカーさんのページを見てだいたいのイメージをつかんだほうが良いと判断して、何人かのプロフィールを覗いていきました。

クラウドワークスでは仕事を受ける人のことを、ワーカーもしくはクラウドワーカーと呼んでいます。ちなみに仕事を発注する人はクライアントです。

するとだいたいのワーカーさんのプロフィールの最初の文章が同じなことに気づきました。

 

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。
○○と申します。

 

ほほう、これは真似っこしよっと!

意気揚々と自分のプロフィールの編集画面に戻ると、私は驚愕しました。

下調べして入手した鉄板(?)の冒頭文がすでに書いてある!?

 

プロフィールの自己PR文章に最初からデフォルトで書いてある文面でした。

私の数分間の市場調査の時間返せ…

まあちゃんと読んでない私がわるいんですけどToT

そんなこんなでとりあえずプロフィールは整ったのでした。

クラウドワークスでの初お仕事探し

仕事をしなきゃここまで頑張って登録した意味がないですよね。

というわけでお仕事探しです!

クラウドワークスでは募集されている仕事を条件を絞って表示させることができます。

そこで私が指定した条件は以下の3つです。

  • 仕事カテゴリ《ライティング・記事作成》
  • 本人確認済みのクライアント
  • キーワードに「初心者」を含む
見てわかるように完全に小心者の初心者チョイスです(笑)

カテゴリは文章を書くことならある程度出来そうだと思ったからです。

ただ正直、この時点では本人確認済みがどういう意味なのかも知りませんでした。

本人確認済みとは、本人確認の書類(免許証とかパスポート)をクラウドワークスへ提出しているという意味です。簡単に言えば実在の人だよーっていう証明になります。
そしてビビりまくっている私は「初心者」の文字が入っている募集文から探すことにしたのです。
そして気になった案件が1つ出てきました。
電子書籍用のオリジナル原稿をお願いします。
書籍とな?

次回に続く

次こそは仕事の話に入れそうですね。
ちょっとタイトルでネタバレしてますが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました